過払い金請求をして早く借金のない生活を取り戻しましょう?

債務整理とは高額の借金を負ったときや、多重債務に陥ったときなど債務者を再生させる解決手段のことを言います。

≫債務整理についてはこちらでも詳しく書いています。≪

債務整理の相談内容によって『任意整理』『自己破産』『個人民事再生』『過払い請求』などで分けられます。

弁護士・司法手書は、債権者の返済プランを親身に考え、金融会社への対応すべて窓口となってお助けする正義の味方なので一人で悩まず、まずは法律・法務事務所へ相談しましょう!

あなたの借金は返済できます
アヴァンス法務事務所女性専用過払い金請求はこちら

アヴァンスレディース

債務整理をすると家族に知れる?
債務整理の手続を行っても裁判所や債権者からの連絡はありません。

整理は借金返済苦から逃れられる近道

債務整理は借金の額を減らし重い金利負担から解放される手続きです。債務整理の方法には自己破産・個人再生・任意整理・特定調停があります。中でも一番メリットが多い債務整理方法は任意整理のようです。

任意整理とは?

弁護士や司法書士に依頼することになります。そして弁護士や司法書士が借金の減額、分割での支払いを要求します。

自 己破産や個人再生のように官報に載ることがないので一般の人に知られる可能性が少ないです。それに裁判所を通さずに債権者と和解するため債務者の負担が軽 く済みます。さらに過払い金が発生する場合は回収することができるので、長期に渡り返済を続けていた人などは借金が無くなる場合もあるのです。

債務整理の一番のメリットは?

返済に追われる日々から逃れられることです。

定職があり、安定した収入があれば破産することなく借金や返済額を減らすことができるので債務整理が借金返済苦から逃れられる近道となるのです。

過払い金請求について

過払い金とは?

本来支払う義務がないにもかかわらず、貸金業者に支払ったお金のことです。その払い過ぎたお金を計算し、返還請求することを、過払い金請求といいます。

過払い金が発生しているかどうかの目安については、2010年までに借入している人で、金利が18.0%を越えているということです。

すでに完済された人、現在も借入れがある方でも、5年以上取引が続いている人は、過払い金が発生している可能性が高くなります。
アヴァンス法務事務所

利息制限法と出資法

過払い金がなぜ発生するのか?

貸 金業者には「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が適用されるのですが、それぞれの上限金利には差がありました。本来貸金業者は、利息制限法の上限 金利で、融資を行なわなければいけません。そして、利息制限法の上限金利は、融資金額に応じて15.0%?20.0%となっています。

一方 の出資法の上限金利は、29.2%でした。改正貸金業法の完全施行によって、現在の出資法の上限金利は、20.0%に改正されています。本来は、利息制限 法の上限金利で、融資を行なわなければならないにもかかわらず、刑事罰が科せられなかったために、改正貸金業法が完全施行されるまでは、貸金業者は出資法 の上限金利で融資を行っていました。

グレーゾーン金利

利息制限法と出資法の上限金利の間の金利を、「グレーゾーン金利」とい います。つまり、過払い金とは、これまで支払ってきたグレーゾーン金利のことです。前述しましたように、現在は出資法の上限金利が20.0%に改正された ために、グレーゾーン金利は存在していません。利息制限法の上限を超える金利を支払っていて、その支払いが元本を越えた場合には、その超過した金額に関し ては、返還してもらうことができます。

過払い金請求には、時効が存在しています。取引が終了した時点から、10年経過すると時効が成立し、過払い金は返還されません。逆に、すでに完済された人でも、10年経過していなければ、過払い金請求ができると
いうことです。ただし、取引があった貸金業者が倒産している場合には、過払い金請求はできません。

ブラックリストに掲載される?

過払い金請求を行なうことによって、払い過ぎた利息を取り戻すことができます。また、過払い金請求を行なっても、個人信用情報機関にその事実が登録されることはありません。

いわゆるブラックリストには載らないということです。アヴァンス法務事務所借金問題は弁護士の手続きで簡単に解決できます!